プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

主な症状は股関節周囲での痛みです。
大転子滑液包で炎症が生じた場合、大腿の外側に痛みが生じます。
腸腰筋滑液包で炎症が生じた場合は鼡径部で痛みが生じます。
症状が進行すると、痛みの範囲が拡大し、痛み自体も強くなります。

治療

保存的治療

  • 活動を制限する
  • 消炎鎮痛薬
  • 痛みが強い場合一時的に杖を使う
  • ステロイド注射

手術的治療
手術が行われる事は稀です。

  • 滑液包の切除(関節鏡を用いることも)
解剖

大腿骨の外側に触れる部分を大転子と呼びます。
その表面を覆うように大きな滑液包が存在します。
(大転子滑液包)股関節の内側にも腸腰筋滑液包が存在します。

原因

誰にでも起こりうるものですが、以下のような方は起こりやすいと言われています。

  • 股関節への繰り返し負荷やオーバーユース
  • 股関節のケガ
  • 脊椎疾患
  • 脚の長さに左右で差がある方
  • リウマチ
  • 股関節周囲の手術既往
  • 骨棘や石灰沈着が股関節優位で認められる方
コンディショニング・インソール

原因を十分に評価した上で、股関節などの可動性を改善し、下肢などの左右バランスや動きの調整を行うことが重要です。
またインソールや靴の調整にて過剰な動きを抑えていくことも推奨致します。