プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

腫れが強くなると、どんな靴を履いても痛みが出現するようになります。
歩行時にも強い痛みを感じます。曲がりが強くなると、第2趾に母趾が当たるようになり、他の指にも痛みが出現するようにもなります。
症状が進行すると、母趾が第2趾の上に乗るような状態になることもあります。
若いうちから細い靴、ヒールの高い靴を履くと症状が出やすいと言われています。

治療

保存的治療
靴の調整が大切になります。
高いにヒールの靴を履く際には、長時間履かないようにするなどの工夫が必要になります。
極力細い靴を履かないようにして、高いヒールのある靴も履くことを控えたほうが良いでしょう。
痛みを感じる部分にはクッションを当てる必要が出る事もあります。
足趾の体操を行う事も必要になります。

手術的治療
痛みの為に歩行ができないなどの障害が出た場合、手術が必要になることがあります。
曲がっている程度に合わせて、様々な手術の方法がありますが、骨を切って骨の並びを整える手術が多いです。

解剖

母趾の付け根の部分で“くの字”に曲がった状態になったものを外反母趾と呼びます。
英語圏では曲がりではなく“出っ張り”として認識していることが多く“Bunion”と呼ばれる事が多いです。

原因

窮屈な靴、ヒールの高い靴を履く事で症状が出現すると言われています。
家族性に発症する事もありますが、多くは靴など物理的な影響によって生じます。
外反母趾は9割女性に認められます。

コンディショニングについて

外反母趾は、足底にある土踏まず(縦アーチ・横アーチ)が、足指の筋力不足によって“つぶれた”結果、出現しやすくなります。
そのためには、手術をしないアプローチとして、それぞれのアーチを補助するインソールや、足指の筋力をつけたりすることをおこないます。
外反母趾の形態も人それぞれです。足の形態、硬さ、動き、歩き方などを見極め対処することが望ましいため、理学療法士に相談することを推奨いたします。