プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

初期の症状は軽度です。

  • 運動時および安静時の軽い痛み
  • 肩の前面から側面に拡大する痛み(肩の後面に痛みがあることもあります)
  • 物を持ち上げた時、手を伸ばした時の痛み
  • 投球動作をした際の痛み

局所的な腫脹や肩前方の圧痛を認めます。腕を挙げた時に痛みを感じ、動きの制限も認めるかもしれません。
また腕を挙げた状態から下げる際にも痛みを感じるかもしれません。
症状が進行すると夜間にも痛みを感じ、力の入り難さを感じることもあります。
背部へ腕を回す事が難しくなります。
進行すると肩の動きが更に制限され、強い圧痛を認めるようになります。

治療

保存的治療
頭上に手を挙げる動作を制限した上で、消炎鎮痛薬を処方します。
動きを改善する為にストレッチも推奨されます。
痛みの強い場合は注射(ステロイド、麻酔)による治療も行われます。
リハビリテーションを行うことも推奨されます。

手術的治療
保存的治療が無効な場合、手術的治療が行われます。
手術の目的は挟まっている部分を取り除き、腱板の動く部分を広くすることです。
関節鏡下で行われることが多い手術です。

解剖

肩峰は肩甲骨の前方に位置し、上腕骨頭の上部、および前方に位置します。

原因

腕を挙げる動作を行った際に、肩峰が腱板に触るかインピンジメント(挟まりこみ)することで、肩の痛み、動きの制限が生じます。痛みの原因自体は滑液包炎や腱板自体の炎症と考えられています。
腱板の部分損傷が原因となることもあります。
若年から中年の人によく見られ、水泳、野球、テニスなどを行う人が特によく罹患します。
オーバーヘッド動作(腕を頭上に持ち上げる動作)をよく行う人も罹患しやすい人です。
特にきっかけとなる動作などなく、徐々に発症することもあります。

コンディショニングについて

インピンジメント予防には肩甲骨や胸椎の可動域の拡大や肩関節インナーマッスルの強化が必要です。またスポーツを行う上では、体幹の安定性と股関節の可動性の確保が重要です。