プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状
  • 痛みは徐々に強くなります。
  • 痛みの部位は膝の内側で、関節から2~3インチ下の部分。
  • 運動や階段を上る際に痛みが強くなります。
  • 疲労骨折に似た症状の為、レントゲンでの確認が必要になります。
治療

保存的治療

  • R.I.C.E(安静、アイシング、圧迫、挙上)
  • 消炎鎮痛薬
  • ステロイド注射
解剖

膝の内側、関節から2~3インチ下に鵞足と呼ばれる部分があります。
この部分には縫工筋、薄筋、半腱様筋の3本の腱が集まるところで、かたちが鵞鳥の足に似ていることから鵞足と呼ばれます。
その腱と脛骨の間に小さな滑液包があります。

原因

膝の使いすぎや継続的な滑液包への摩擦やストレスの結果、滑液包で炎症が起き、症状が出現します。 ランナーによく見られ、変形性膝関節症の人にもよく認めます。

  • ストレッチを行わずにトレーニングを行う
  • ハムストリングスの柔軟性が低い
  • 体重が過剰である
  • 内側半月板損傷のある人

なども鵞足炎になりやすいと言われています。

コンディショニング・インソール

鵞足炎は下肢のアライメントや柔軟性、筋肉のバランスなどにより引き起こされるため、十分な運動機能チェックのもと適切なコンディショニングが必要です。
縫工筋、薄筋、半腱様筋の緊張や内側広筋や内転筋などの筋バランス、膝の側方動揺や捻れによっても負担がかかるため、関節などの状態を見極め、不全部位を改善していきます。
スポーツ競技や変形性膝関節症の状態によってはインソールによる調整を行うことを推奨致します。