プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状

慢性的な痛みと頚部の動き難さを認め、時には上肢や下肢にまで痛みが拡大する事があります。

  • 頚部の張りや痛みと動き難さ
  • 上肢のシビレ
  • 下肢筋力低下に伴う歩行障害
  • 頚部での礫音(ゴリゴリ音がする)
  • 筋緊張や頭痛

症状は数ヶ月以上継続することがあります。

治療

保存的治療
症状が軽い場合、まずは保存的治療を行います。

  • 安静(痛みの強い時は痛みの出る動作は避けるようにしましょう。)
  • 消炎鎮痛薬
  • 温熱療法(強い痛みなどが軽減したら温めて筋肉の緊張を緩和します)
  • 牽引療法(強い痛みなどが軽減したら筋肉の緊張緩和及び頸椎への負担を軽減します)
  • リハビリテーション

症状は軽快するものの、悪い姿勢や激しい動きなどを続けると症状が再発することがあるので 適切な対処法の指導を受けましょう。

手術的治療
麻痺など強い症状が出現した場合、手術が必要になることがあります。
骨棘など刺激の元となる部分を除去する手術を行います。

解剖

脊椎には左右1対の椎間関節があり、経年的な変化が起きます。
頚部の椎間関節が変形すると、骨棘が生じることもあります。

原因

経年的な変化によるものが主な理由ですが、頚部への負荷が多い人の方が、変形しやすくなるようです。

コンディショニングについて

頸部や胸部の動きが悪くなった関節の可動性や筋肉の緊張を改善し、柔軟性を確保します。
更に体幹、頸部のスタビリティを向上します。
多くの場合、症状を起こしている頚部の一部分にのみ、負担がかかっているので、猫背など姿勢の姿勢改善や仕事時などの身体の使い方を見直し、負担を減らすことが重要です。
詳しくは、理学療法士と相談をし、適切なコンディショニングを行うと良いでしょう。