プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

年末年始休業のお知らせ

2017年12月28日(木)

プライマリメディカルサポート(株式会社キネティックアクト)は本日で本年の営業を終了いたしました。最終日にもかかわらず多くの方がお越しいただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。

年末年始の休業期間は
2017年12月29日(金曜日)~2018年1月3日(水曜日)
になります。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
来年もスタッフ一同、皆様の健康そしてパフォーマンスアップをサポートいたします。何卒よろしくお願いいたします。

※ご予約やお問い合わせにつきましては2018年1月4日(水曜日)以降順次回答をさせていただきます。

kineticact_logo_yoko

20171228_224743

イベントの多い12月!疲れを貯めこまず快調に☆周囲から褒められる美姿勢に☆

2017年12月23日(土)

あっという間に今年も残すところあとわずか!
年末年始に向けて、クリスマス、忘年会…など何かとイベントが多くなっている時期です。冬は私たちの身体は体温を上げるために代謝は高まっていますが、同時に脂肪を蓄えやすくなっているときでもあります。毎年この時期に体重が増えてしまう…、食事会が続いていつもより体調が崩れがちになる…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 私たちの姿勢を保っている要である “背骨(セボネ)”。

一定の姿勢や動作パターンで背骨は前後左右、そして捻じれて歪みを形成していってしまいます。日常の歪みや年末の仕事の忙しさによる疲労に加え、食べたり飲んだりする機会が増え、内臓や身体的にも休める時間が減ると、不調が出やすい状態になってしまいがちです。
そんなとき!!
Re:style Pole』がとっても役に立ちます!
Re:style Pole(リ:スタイルポール)は、その上に乗るだけでポイントとなる硬くなった筋肉を緩め、背骨を正しい位置に戻す作用があります。
その特長はポールの溝が背骨の形状に沿うようになっているかたちと嫌な刺激にならないちょうどいい硬さです。そのため寝ているだけで筋肉のリリースができ、背骨の位置を整えていくことが可能です!
また背骨は頭蓋骨・肩甲骨・肋骨・仙骨・骨盤とすべて筋肉や靱帯を介して繋がっているため相互的に影響を与えます。そのため背骨が元の正しい位置に戻れば、正しいきれいな姿勢を取り戻せ、疲れを貯めこみにくい身体を作っていくことが可能になります。その状態で活動できれば筋肉も正しい位置で活性化されるため代謝が改善し消費できるカロリーもアップ。
トレーニングやストレッチなどをしたいけど中々時間のとれない方
“毎日夜寝る前に5分だけ”
ただ乗るだけでも一日の身体の歪みをリセットしてすっきり寝ることができます。
しっかり体調を整えて、この年末年始も楽しく過ごしましょう!

当施設では女性のためのコンディショニングそして食コンディショニングトレーナーによる食コンディショニングも行っております。食事の摂り方や食べるタイミング、順番でも栄養素の吸収のされ方が違い、身体への影響も変わります。
ぜひ、この機会にお気軽にお問い合わせください。

Re:style Poleについてはこちらをご覧ください☆

Re:style Poleは全国のスーパースポーツゼビオにて販売しております。

プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

リスタイルポールポール什器

新商品が発売しました!!

2017年12月12日(火)

本日より、全国のスーパースポーツゼビオにて『Re:style pole® リ:スタイルポール』が発売開始しになりました。
3年前から構想と試作を重ね、ようやく発売!!!!

セボネに寄り添うカタチ
Re:style pole®
-突き詰めたら、答えはシンプルだった-

図1

背骨はたくさんの骨が積み重なってできており、その一つ一つが前後左右、ねじれの動きをしています。そして日常生活のほとんどの動作はこの『背骨の曲がりと捻じれ』が連動することでバランスを取りながら行っています。
同じ動作を繰り返す、傾いた姿勢でいるとどうしても背骨は捻じれ、周囲の筋肉はアンバランスに固まってしまいます。
そんなとき、このポールはかなりのスグレモノで、寝るだけで背骨のゆがみを整え、本来の姿勢を取り戻すサポートをします。
自重で調整していくので、矯正とも違い大きな反動もでにくいのです。

一見とてもシンプルに見えます。
しかし、この形状と硬さには全て理由があります。

背骨を構成する頚椎・胸椎・腰椎には棘突起と横突起があり、その形状に合わせてポールの形や大きさは作られています。
侵害刺激と感じず適度に筋肉を押圧できるよう硬さも規定しました。

これらは、解剖学・運動学的な観点から骨や関節、筋肉を生体が本来持つよい状態に整え、機能性を高め、動くためのベース作りを行う私たち“理学療法士”だからこそ考案できたものです。
多くの健康関連器具が発売されている中で、背骨の捻じれの改善に着目しているのは本商品のみです。特に肩甲骨の内側と背骨の間に的確に当たるこの使用感はぜひ一度試してみていただきたいです。開発の思いや特長、使用方法などはHPで紹介しておりますので、ご覧ください。

Re:style pole® 説明ページ

毎日の作業やデスクワーク・家事動作でコリ・固まってしまったカラダをぜひこのリスタイルポールで整えてみてください。運動用としてはもちろんですが、日常生活で毎日カラダを整える道具としてぜひ当たり前に使用していただきたいと思っております。
皆様のお手元に届いて、カラダを整え、快適に過ごしていただけることを想像するとワクワクします。
今後は、どんな方にオススメか、使い方などについても少しずつご紹介していきます。

株式会社キネティックアクト
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

ポール什器

ヘルスアップ21 12月号に掲載されました!!

2017年12月07日(木)

ヘルスアップ21 12月号に掲載されました!!

保健事業に携わる人の情報誌“ヘルスアップ21”にて、毎日を快適に過ごせるカラダをつくる食事・運動をタイトルに毎月違ったテーマで連載をしています。
12月号は“太りにくいカラダをつくる”です。

太りにくいカラダをつくる・・・
冬の時期になるとなかなか体重が落ちない、脂肪がついてきたかも・・などなど感じませんでしょうか。冬は体温が下がらないように代謝は高まっていますが、同時に脂肪をため込んで体を保温しようとしてしまい知らぬ知らぬうちに冬太りになってしまいます。
そこで、一日の中でちょっとした運動をいれることが大切!!
ため込みがちな脂肪の燃焼をアップさせましょう!!!!

とってもとっても簡単にすっきりからだをつくる軽運動をご紹介しています。
・からだの柔軟性チェック
・すっきりからだをつくる軽運動
を記載しています。日々の生活や仕事を快適に過ごしていただき冬の時期を乗り越えましょう。
ぜひ、見てみてください。

私たちは、今年度から、よりバージョンアップした予防医療やパフォーマンスアップの考えをもとに従業員の方々の健康リスクの軽減を図り、生産性の向上と健康関連コストの削減のサポートをいたします。私たちのプレゼンティーイズムへのサポートを是非ご活用していただき、従業員の方々の健康を改善し生産性アップをしてみませんか。
各種講演や運動パフォーマンス健診、パフォーマンスエクササイズなど、皆様方からの要望に合わせてご対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

株式会社キネティックアクト   kineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

ヘルスアップ12月20171207

学会の運営及びシンポジストとして参加してきました!!

2017年11月16日(木)

11月11・12日に首都大学東京で開催された日本運動器徒手理学療法学会(JAOMPT)に当施設の小山が学会運営及びシンポジストとして参加してきました

多くの分野に共通することかもしれませんが、大学や専門学校を卒業し、国家資格や各種認定を取得した後に研鑽を積んでいくことは専門家としてはとても大切だと考えます。
そうは言うものの自分一人だけでは甘くなり、ついつい疎かになりがちです。
そのため、共に知識、技術を高めあう仲間や団体など、それを継続的にチェックし、日々の成果を発表する場所が必要になります。

この学会は、世界中の理学療法士でつくる世界理学療法士協会(WCPT)の最古最大の傘下団体であるIFOMPT国際整形外科徒手理学療法連盟に加盟するJAOMPTの学会で、運動器疾患(関節、筋肉、靭帯など障害)に対しより良い理学療法を行うため、学術及び臨床技術を研鑽する団体であり学会です。

今回の学会テーマは “教育”

IFOMPTの審議委員を長年務める先生をオランダよりお招きし、そのシステムや具体的な診療についての考え方を講演して頂き、シンポジウムでは諸外国と医療及び社会背景の違う中、日本において国際統一基準の高い知識、技術をどのように教育し、継続的に維持発展させるか、そのシステムや具体的な方法について話し合いました。
これは大変難しい課題ですが多くの先生方と意見を交わす中、今後の参考となる事柄も多くありました。

丁度、当施設においても同様の課題があり、今まで培ってきた、知識、技術、経験をまとめ伝えていき、私たちの考え方に賛同いただき幅広い分野に適切なコンディショニングを行えるセラピスト育成する活動を行っていこうと考えています。
セミナーの名前を考える中で今の理学療法士に何が必要かと考え、当施設のセラピストが一致した考えは自分の力でしっかりと生きていける理学療法士を育成したいでした。

そこで私たちのセミナーの名前を
理学療法士生命力アップセミナー”  つまりVitalityです。

将来、自分たちの体に不具合が生じたとき、安心して自分のカラダ任せコンディショニングを行えるセラピストはいますか?
そのようなセラピストが誕生してくれることを密かに祈りつつ、もうひと頑張りしようと考えております。目の前の対象者を切実に治したいと思う方、その方法が知りたいと思う方、ぜひご応募ください。

理学療法士生命力アップセミナー

株式会社キネティックアクト  kineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

ブログ写真11.16

3 / 1512345...10...最後 »