プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

NEWS

薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤内臓器脱改善!~立位で30秒エクササイズ~

2018年06月26日(火)

前回の立位での正しい姿勢は実際にしてみていかがでしたでしょうか?
自分では真っすぐだと思っていても、意外とズレてることがありますね。周りの人に立ち姿の写真を撮ってもらってチェックしてみてもいいかもしれないですね!

今回は、前回お伝えした正しい立位姿勢を意識して行う超簡単エクササイズです!
“頭を天井から吊られているイメージで線(割りばしや紐)の上に立ちます”。
太ももの間に8つ折りのバスタオルを挟み、上体を左右にブラブラと30秒捻るだけ!
《正しい立ち姿勢》

尿漏れ 良好な立位姿勢   尿漏れ 良好な立位姿勢の足元

《運動方法》

立位で運動 ①   立位での運動 ④  立位で運動 ③

この時のポイントは、
○正しい立ち姿勢をすること
○バスタオルは落ちない程度に軽く挟むこと
です。

基本の立ち姿勢が大事なので、捻りはその姿勢が崩れない程度の範囲でします。
こちらも、歯を磨きながら、テレビを見ながら…など、“ながら運動”で結構です!
ぜひ試してみてください。

自分のからだを知りたい、しっかりとからだを良くしたい方はプライマリメディカルサポートが女性のカラダを考え独自に開発したコンディショニングfor womanを体感してみてください!

女性のためのコンディショニング
尿もれケア
妊活(妊娠準備)・マタニティケア
産後ケア

株式会社キネティックアクト kineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤内臓器脱改善!~正しい立ち姿勢~

2018年06月18日(月)

『薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤内臓器脱改善!』の第1回目(2018年1月を参照)の内容に、正しい座り方のポイントについてお伝えさせていただきました。

今回は正しい立ち姿勢についてです!

私達は寝る、座る、立つ、歩くなど、常に重力に抗して呼吸機能を維持しながら生活しています。立っている時は、足の裏しか地面に接地しておらず、座ることなどに比べると不安定な状態です。そのため筋肉や関節の状態など身体機能や環境などの影響をとても受けやすく、普段のクセがよく表れます。特に女性は男性に比べ筋肉や関節が柔らかいため、足元から姿勢が崩れやすい特徴があります。例えば、下の写真のように背中が丸く骨盤が後傾していたり、逆に反り腰になっている場合がみられます。姿勢を支えてくれる筋肉が上手く働いていない状態です。
“骨盤底筋群が働いていない=姿勢を支えるためのインナーユニットの崩れ“です。

《悪い姿勢》

尿漏れ 不良立位姿勢            尿漏れ 不良立位姿勢②  

そんなとき、少しだけ意識してもらいたいことがあります!

足の外側の少し出っ張っている骨(第5中足骨底)の後ろの位置に割りばしや直径が丸い紐などを入れて立ちます。そしてその線の上に立つように、頭のてっぺんを天井から吊られているイメージで立ちます。

《良い姿勢》

尿漏れ 良好な立位姿勢        尿漏れ 良好な立位姿勢の足元

このようにすることで、姿勢を支えてくれるインナーユニットが活性化されてきます。“スッと背筋が伸び、下腹に軽く力が入る感じ”がgoodです!テレビを見ながら、またお買い物のお会計や電車を待っているときなど、ぜひ時々意識して行ってみてください!

次回はこの姿勢を意識した、立って行うとっても簡単な筋肉に刺激をいれていく方法をお伝えしたいと思います。

自分のからだを知りたい、しっかりとからだを良くしたい方は、プライマリメディカルサポートが女性のカラダを考え独自に開発したコンディショニング for woman を体感してみてください。

女性のためのコンディショニング
尿もれケア
妊活(妊娠準備)・マタニティケア
産後ケア

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

梅雨の体調不良をふせぐカラダをゲット!

2018年06月11日(月)

こんにちは!あっという間にもう6月ですね!早いです!
梅雨入りが発表され、これからは雨の日も多くなりますね。今年の梅雨は豪雨になる日と、真夏のように晴れる日と両極端になるそうです。

皆さんご存知のように気温や気圧の変動があるとやはり身体への負担やストレスもでてしまいがちです。“なんだか頭や身体が重だるい”、“気分がさえない”…など心身ともに不調を感じることもあるのではないでしょうか。ある調査では梅雨時期には女性の約6割が身体の不調を感じ、約2割が常に体調が悪いと感じているとのこと。身体が気温・気圧が下がる変化を感じると、交感神経は優位に働きます。
一部の変化として、
○血管は収縮し血流量が減少⇒凝り(硬さ)の原因
 ⇒凝り(硬さ)が続くと身体を固めてしまい、本来身体を支えてくれる筋肉が働きにくくなる

またある研究では痛みを感じる閾値が下がり、痛みを感じやすくなるとも言われています。

肩凝り②    頭痛  

これらにより痛みやだるさを感知するとまた、交感神経は興奮状態になり悪循環が繰り返されてしまうのです。交感神経が優位になること自体が悪いわけではなく、交感神経・副交感神経のバランスが崩れることが良くないのです。
また女性はひと月のなかでホルモン分泌のバランスが変化します。月経前後では身体の筋肉や関節が柔らかく緩くなるため、いつもより身体を支えにくい状態になります。それに気分の変動もありますよね。

そんなこの時期のお悩みに、ぜひ“カラダの仕組みを整える”ことをしてみませんか?
寝る・座る・立つ・歩くなど、その他色々な動作を無理なくスムーズに行うためには“土台”がとっても大事です!過剰に硬くなってる部分はとり、目的とすることに必要な筋肉が正しいタイミングで働くようにカラダの土台をしっかり整えてあげることで、凝りの原因を作ったり、不調を溜めずに過ごすことが可能になります。

このような心身の変化にも大きく影響されないような身体が作られると、日常生活や仕事、遊びもストレス少なく、楽しく過ごせるようになりますよね!
ぜひお気軽にお問合せください!

トータルコンディショニング
コンディショニングfor woman

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

生命力アップセミナー2018 第一回を開催しました!!

2018年05月31日(木)

先週末に生命力アップセミナー2018第1回を開催しました。

イントロダクションコースを受講いただいた方も含め、「治せるようになりたい」と強く思う皆様が集まってくださいました。

第1回目は、キネティックアクトの概念・評価・治療と第2回目のキネティックアクトのコンディショニングの実際 体幹編を少し含めて行いました。
本セミナーはキネティックアクトの概念である『カラダの仕組みを整える』を実際の治療に落とし込む理論として『PREDICT MOTION THEORY 動作予測理論』を提唱しており、この理論を実践していくに当たって、普段の単発講習では30分程度で簡単に話してしまうことが多い『重力とメカニカルストレス、アライメント、姿勢の関係』について金子がかなり時間をかけて実技を交えながらお話させていただきました。
理学療法士の最大の強みと言える『動きを治療する』ためには、どうやって動いているのかをしっかりと捉えることが重要なのですが、具体的にどうやっていくのか方法を細かく知る機会は少ないですよね。各自が経験の中で取得して…ということが多かったように思います。
ここをどう理解し、実際に評価できるようになるかで、原因の解釈や治療への展開が全く変わってくるのです。金子は動きを診ることを得意としており、そういった伝えにくいとされてきた動きの診方をわかりやすく伝えることにも長けております。
 また、X線画像を理学療法にどう活用していくのかを小山が画像を用いて丁寧にお話させていただきました。画像は大切とわかっていても、実際にどう情報を読み取って活用していくのかはわかっていないことが多いと思います。本コースでは変形した関節を持つ方がどのような動きをするのか、治療を進めていってもどうしても動きが戻らない際に、骨・関節の状態を確認するとそちらに要因がある場合があり、そこからアプローチを変えていく一助になるなど普段の臨床につながる内容となっております。

写真 2018-05-20 15 07 38写真 2018-05-19 15 10 27写真 2018-05-20 11 14 58

このように得意分野の異なる講師がそれぞれの特性を活かして、『動きを治療する』ために必要な内容を深めてお話させていただくことはとても貴重ですし、弊社が自信を持ってお届けするセミナーとなっております。
最初はイメージがつきづらく、触り方もぎこちなかった受講生の方々が、セミナーが進む内に理解を深め、動かし方を実践していく中で、最後には触れ方も柔らかくなり、「こういう時はどうすれば?」と次にどうしたらいいかの疑問も自然と浮かんでくるようになっておりました。
そして今回お伝えした内容を次回までの2ヶ月の間に今回お伝えした内容を実施していただくようお願いしました。
これがコースのいいところですよね。
次にお会いできることで、やってみてどうだったか、どんな風に変化しているかも確認できるので、またそれに合わせた展開をプラスしていくことができます。
次回も濃い濃い内容を準備して、お待ちしております!!
生命力のある理学療法士を目指して一緒にがんばりましょう。

追伸:今期、金子の『ランニングを診るメソッド』のセミナーを企画中です。最小限の人数で、どうやってランナーを治療していくのか細かくお伝えする予定ですので、決まり次第情報発信させていただきます。

写真 2018-05-19 14 01 47

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート)
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤臓器脱改善!!~日常生活のワンポイントアドバイス~

2018年05月24日(木)

こんにちは!
今回は日常の動作でのちょっとしたポイントについてお伝えしたいと思います!普段バッグや荷物を持つとき気を付けていることはありますか?骨盤内臓器脱(性器脱)の方は重いものを持とうと力を入れた時に臓器の一部が膣内や体外へ出てしまうことがあります。また無理に力を入れるため手首や肩、腰を痛めたり、悪い姿勢になってしまうこともなります。

《身体から離して持った場合》

尿もれブログ 日常生活ワンポイントアドバイス➀

なるべく重い荷物は持たない方が良いと言われていますが、どうしても持たないといけない場合はぜひ身体の中心に近い位置で持つようにしてみてください!身体重心(※)に近い位置で持つ方が少ない筋力で持て、身体への負担も少なくて済みます!(※通常多くの方は骨盤内の第2仙骨の前方にあり、“下腹”を意識すると良いです)

《身体に近づけて持った場合》

尿もれ 日常生活ワンポイントアドバイス②

そのため手に持つタイプより肩にかけられる持ち手が長いバッグや背負えるリュックのようなタイプは良いです。物を抱えるときもなるべく重心に近づけて持つと良いですよ!スーパーなどの買い物の帰りに写真のような悪い姿勢になっていませんか?エコバックを利用して肩掛けにしてみるなどぜひ正しい持ち方を参考にしてみてください☆

自分のからだを知りたい、しっかりとからだを良くしたい方はプライマリメディカルサポートが女性のカラダを考え独自に開発したコンディショニングfor womanを体感してみてください!

PMS_woman_logo

女性のためのコンディショニング
尿もれケア
妊活(妊娠準備)・マタニティケア
産後ケア

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

1 / 1812345...10...最後 »