プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

2019年03月

「理学療法士生命力アップコース2019」、申し込み受付中です!

2019年03月18日(月)

弊社では、
今年も『理学療法士生命力アップコース』を開催します!
全5回のコースとなっています。

PhotoGrid_1552862855005

「未病」、「予防医療」という言葉とともに肥満、生活習慣病、メタボリックシンドローム等の国民の予防意識が向上し、カラダをよい状態に整え、仕事に打ち込み、趣味や生活を楽しむために、健康を維持するという概念は大きく広がっています。

加えて平均寿命が延びていることからも、健康に関する情報はテレビ、書籍、インターネットなど様々な媒体で数多く発信され、各自が様々な方法を探索し、取り入れています。そのような健康に関心を持ち、常に効果的な方法を探している対象にとって、解剖学・運動学的な観点から骨や関節、筋肉を生体が本来持つよい状態に整え、機能性を高め、動くためのベース作りを行う我々理学療法士の技術は大いに役立つと考えます。そう、私たち理学療法士の可能性は高く、大きく広がっていくと確信しています。

そこで、我々が提供しているキネティックアクトのコンディショニングの概念・技術を共有し、困っている方々のカラダの悩みを解決できる理学療法士を一人でも増やしたいと考え、本コースを開催します。

20181206_00205320180902_113023

PhotoGrid_1548051754245

20181118_134115

『Predict Motion Theory(動作予測理論)』を用いて、“画像所見、形態(アライメント)、重力に対する身体戦略(ストラテジー)、動作、印象”から理学療法士に必要な情報を読み取り、評価と治療につなげる方法をお伝えします。
少人数に対し3名の講師で対応しますので、内容をしっかりと身につけていくことができます。
受講費のお支払いは、分割払いが可能です。

第1回:キネティックアクトのコンディショニングの概念・評価・治療
第2回:キネティックアクトのコンディショニングの実際 体幹編
第3回:キネティックアクトのコンディショニングの実際 下肢編
第4回:キネティックアクトのコンディショニングの実際 上肢編
第5回:成長期&性差を考慮したキネティックアクトのコンディショニング

【講師】
小山勇一、金子雅明、岡崎倫江

【開催日】全5回 すべて土日開催
第1回:2019年5月18日・19日
第2回:2019年7月20・21日
第3回:2019年8月31日・9月1日
第4回:2019年11月16日・17日
第5回:2020年1月18日・19日

【時間】
土曜日 14時~19時 日曜日 9時~15時(休憩1時間)  total:10時間

【場所】
キネティックアクト(東麻布)

2018年のコースの様子を弊社のブログやInstagram、Facebookで紹介しています。
理学療法士としてどんな場面でも対応でき、自分の力で生きていける、バイタリティーのあるセラピストになりませんか。
目の前の方を治したい、その方法が知りたいと切実に思う方、ぜひご応募ください!

皆様のご参加をお待ちしております。

お申し込みは弊社のホームページより受け付けています。
『理学療法士生命力アップコース2019』 お申し込みフォーム

 

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko

(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

「手の機能と全身のつながり」 セミナー、申し込み受付中です!

2019年03月18日(月)

先日ご案内させていただいた、
「手の機能と全身のつながり」セミナーの、申し込みを受付中です。

20181121_115655 PhotoGrid_1548341338764

20181117_181634 20181117_170442

手は日常の中で多くの作業を行い、感覚器官としても無くてはならないものであるにも関わらず、治療の中では見落としがちな役割。
どのような動かし方がベストかちゃんと理解していますか?手根骨や橈尺骨の位置関係や「手」の使い方で、肩関節・肩甲骨の安定性が大きく変わり、ひいては体幹・下肢と全身の機能へ連鎖します。

このセミナーでは、徒手療法に精通し多くのセミナーを行っている小山が『Predict Motion Theory(動作予測理論)』を用いて、“画像所見、形態(アライメント)、重力に対する身体戦略(ストラテジー)、動作、印象”から理学療法士に必要な情報を読み取り、評価と治療につなげる方法をお伝えします。

リハビリテーション、コンディショニング、障害予防に役立てられるよう、手の機能を探求し、手からカラダの動きのつながりについて考え、感覚と機能という理学療法の真髄に迫ろうと思います!

若手からベテランまで理学療法士なら理解できる内容にしていく予定なので、ぜひ参加してみてください。

【講師】
小山勇一(理学療法士)

【日時】
4月21日(日)9:00〜15:00(休憩60分含む)

【場所】キネティックアクト(東麻布)

【主な内容】
○各特殊条件で撮影した手のレントゲン画像、疾患画像の見方と理解
○スポーツ、楽器演奏、各職業、日常動作における手の使い方の動画分析
○手指、全身とのつながりに関する機能評価や理学療法及びコンディショニング

などです。

申し込みは弊社キネティックアクトのホームページ(『手の機能と全身のつながり~理学療法の真髄に迫るセミナー~』申し込みフォーム)より受け付けています。
詳細も合わせてご確認ください。

皆様のご参加をお待ちしています!

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

ジョギング・ランニングのコンディショニングについてのセミナーの講師をしてきました!

2019年03月18日(月)

本日、弊社の金子が株式会社geneさん主催のセミナーの講師をしてきました。

19-03-17-23-44-08-165_deco 19-03-17-23-45-55-475_deco

『ジョギング・ランニングにおける動作のメカニズムの理解とアプローチ〜障害予防とリコンディショニングの考え方〜』というタイトルにて、ジョギング・ランニングの基礎と重力環境下の影響、動作特徴についてや、身体的評価、アプローチを実技を交えてお伝えさせていただきました。

19-03-17-23-49-56-592_deco 19-03-17-23-48-36-143_deco

そして今月、弊社では、
ランナーの方のためのフィジカルコンディショニング、「ランナーをどうみて、治療するか」をお伝えするセミナー
『ランナーコンディショニングセミナー ベーシック編』を開催いたします!

多くのランナーをケアし、ランニングイベントでもレクチャーしている金子が『Predict Motion Theory(動作予測理論)』を用いて、“画像所見、形態(アライメント)、重力に対する身体戦略(ストラテジー)、動作、印象”から理学療法士に必要な情報を読み取り、評価と治療に繋げる方法をお伝えします。しっかりと理解し、実践できるようになっていただきたいので少人数で実施します。

ただいま参加者の申し込みを受付中です!
開催日までまだもう少しあります。
今後、アドバンス、エキスパート編も開催予定となっております。
目の前のランナーを治したい、サポートしたいと思う方、ぜひご応募ください!

【講師】
金子雅明(理学療法士)

【日時】
3月30日(土)15:00〜20:00

【場所】
キネティックアクト(東麻布)

お申し込みは弊社のホームページより受け付けています。
『ランナーコンディショニングセミナー ベーシック編』 お申し込みフォーム

併せて詳細もご確認ください。

皆様のご参加をお持ちしております。

 

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

セミナーの講師をしてきました!

2019年03月17日(日)

先日弊社の小山が、自身も所属する日本運動器徒手理学療法学会東日本支部主催の定期講習会の講師をしてきました。

IMG_20190312_081020_352

この講習会は会員の有無を問わず徒手理学療法の基本を知っていただくための講習会で、講義・触診・評価・治療という流れで各関節ごとに進め、今回で5回目となります。

今回は膝関節の評価と治療について行い、40名以上の参加者に対し、複数の講師とアシスタントで対応してきました。
何事も技術を身につけるということは大変手間と時間がかかることですが、一つ一つ理解し時間をかけ身につけたものはどんな形であれ将来役に立つものと考え行っております。

関節や筋肉の痛みや運動機能の障害を診るためには見て、触って、考える力が必要で、それを具体的にどのようにお伝えしていけばよいかいつも頭を悩ますとこですが、出来るだけわかりやすくお伝えできるよう工夫していこうと考えております。

徒手理学療法などのセミナーを行うと受講者から『うまく関節や各部位を把持出来ない』、『力が伝わらない』、『上手く動きを感じ取れない』など質問がきます。そのたびに出来るだけその人にとってより良いやり方を模索しながらお伝えしてきましたが、ある時気づいたことは、各個人ごと手の形態、関節の柔らかさや、動きに違いがあることで、そのことを考慮しお伝えするようにしてからは、受講生の納得感が変わってきました。
この経験から、徒手療法をやっている”手“のことについて十分理解していないなと思い、理学療法の枠にとらわれず”手“について調べ、実験的にいろいろなこと試してきました。勉強を進めていくと、とても奥が深く興味深いものであったため、皆さんに少しでもそれ知っていただきたいと思い、この度、弊社において新たなセミナーを行うことにしました!

タイトルは“手の機能と全身のつながり”です。
リハビリテーション、コンディショニング、障害予防に役立てられるよう、手の機能を探求し、手からカラダの動きにつながりについて考え、感覚と機能という理学療法の真髄に迫ってみようかと思っております。

また詳細をご案内させていただきますね。

 

 

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko

(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

子どもさんは遊びながらリスタイルポール!

2019年03月15日(金)

リスタイルポールをご利用いただいている方からこんなお写真をいただきました!

PhotoGrid_1552300703750

リスタイルポールは、このように子どもさんも使うことが出来ます。

写真のように、ポールの上に立つことで足の支持面が変化し、バランスをとるために無意識に股関節や骨盤周囲の筋肉を使うようになります。このあたりの筋肉(骨盤周囲のインナーマッスル)を使えることは正しい姿勢保持にはとっても大切です。

遊びながら無意識に姿勢を整えたり、バランス・運動能力を鍛えることができるので、リスタイルポールは、成長段階のお子さん達にもオススメです。

1本あるだけで家族みんなの健康をととのえられる、便利なツールです。

ぜひお試しください。

 

株式会社キネティックアクトkineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com

図1

1 / 212