プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

ニュース

薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤臓器脱改善!! ~固まった筋肉~

2018年02月01日(木)


【薬や手術に頼らない尿もれ・骨盤臓器脱改善!! ~固まった筋肉~】

前回までに悪い姿勢と正しい姿勢についてお伝えしました。
頭を前に突き出した猫背になっていたり、お腹を突き出していたりなどの悪い姿勢はインナーユニットの機能が落ちているサインです。

このため、正しい姿勢を意識することはインナーユニットを改善させるためにとっても大切!!
しかし!!
正しい姿勢をしようとすると背中が張る
呼吸がしにくい
疲れて長続きがしない
などありませんか?

これは、正しい姿勢とろうとしても肝心な関節が動いていなく、正しい姿勢が逆効果になってしまうことがあります。
このため今回は固まった筋肉のほぐし方です。

大切なことは。。。
まずは骨盤底筋を含むインナーユニットの弱化の代わりに過剰に頑張り、固めて凝っている筋肉をほぐしてあげること。
適格にほぐすことで骨盤底筋などのインナーユニットに必要な力が入りやすくなります。

今回はその1つをご紹介。
お尻の筋肉のリリースです。写真のようにお尻の真ん中にテニスボールを入れ、膝を胸に引き寄せ外へ開いていきます。押圧されている感覚を感じたところで20秒位キープします。片側ずつ左右行います。
20秒以上はやってはだめですよ。

ボール

座ってする場合は、左右両側の座骨の後ろにテニスボールを入れ20秒位キープ。
初めは驚くほど痛みを感じるかもしれませんが、柔らかくなってくるとほぐされている心地よい感じになります。ぜひ行ってみてください!

座りボール

次回も引き続きポイントとなる筋肉のほぐし方についてお伝えしたいと思います。

女性のためのコンディショニング
尿漏れケア
妊活(妊娠準備)・マタニティケア
産後ケア

株式会社キネティックアクト kineticact_logo_yoko
(コンディショニング事業:プライマリメディカルサポート
TEL:03-5797-7536
Mail:info@kinetic-act.com