プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状

様々な症状をしましますが、通常、寝ると痛みは楽になります。
下肢の痛みが出現する事もあります。
大腿の外側に痛みが出る事が多く、足まで痛みが続くものを坐骨神経痛と呼びます。
坐骨神経痛は咳をしたりすると痛みが強くなる傾向にあります。
症状が強い場合、数日~1週間程度痛みが継続した後に痛みが軽減してきます。
2~4週で痛みが改善していく事が多いものの、その経過は様々です。

治療

保存的治療
腰に負荷をかけないような工夫をする、安静、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、コルセット、物理療法(温熱、マッサージ、超音波、電気刺激)、鍼、マニプレーション、リハビリテーション(トレーニング)

手術的治療
保存的治療が無効だった場合に手術は検討されます。

解剖

脊椎には椎骨、椎間板、脊髄、神経根、椎間関節、筋、靭帯など多くの要素が含まれています。
また、腰部には脊椎以外にも様々な臓器があり、婦人科疾患、消化器疾患などいろいろな理由で腰痛は出現します。

原因

様々な理由で腰痛は出現しますが、脊椎に関連した原因としては以下に挙げたような原因があります。

  • 椎間板の損傷
  • 脊柱管狭窄
  • 脊椎分離症・すべり症・分離すべり症
  • 腰椎への過度の負荷
  • 椎間関節炎
  • 靭帯、筋腱の損傷、炎症
  • 脊椎のアンバランス
コンディショニングについて

腰痛は原因疾患や痛みのタイプや時期により対応が変わります。
そのため理学療法士による専門的なチェックの上、コンディショニングを行うことをお勧めいたします。間違った対応により痛みを悪化させてしまうことがあります。
まずは腰痛を引き起こさないための予防が重要で、股関節を中心とした下半身の柔軟性の確保とカラダを支えるために必要な体幹筋や臀部筋群の筋力を高め、さらに適切な姿勢や動作を身につけることが重要です。