プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状
  • 物を投げる動作をした時に痛みを感じます。
  • 腕が抜けたような感じがすることもあります。
  • 物を投げたりする時以外、あまり症状を感じない事も多いです。
治療

肩の腱を中心に筋力強化を行います。(フォームの変更も含め)
手術で腱板のデブリドマン(掃除)を行い、はがれた部分を修復することもあります。

解剖

肩関節の受け皿部分は肩甲骨にあり、関節窩と呼ばれています。
その関節窩の縁に土手のように軟骨がついていて、受け皿の深さを増す働きをしています。
その軟骨のことを関節唇と呼びます。

原因

肩の関節唇には上腕二頭筋の腱がついていて、その腱がついている部分あたりで関節唇がはがれてしまった状態をSLAPと呼びます。
肩が柔らかい状態で投球動作を行ったとき、投げ終わった後の時点で肩 関節に負荷がかかり、損傷することが多いと言われています。1球ボールを投げただけでも受傷する可能性があります。

コンディショニングについて

上腕骨の骨頭と関節窩の適合を保ち、インナーマッスルを鍛え肩関節の安定性を確保し、肩甲骨、胸椎の可動域を獲得することが必要です。
さらに野球などスポーツを行う場合は腰、骨盤周りの安定性と股関節を中心とした下半身の柔軟性を身につけることが重要です。