プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

圧迫されたものもの(血管、神経)によって症状は様々です。

  • 血管が圧迫された場合、上肢の血流が悪くなり、冷感や疲れやすさを感じます
  • 神経が圧迫された場合、頚部、肩、上肢、手の知覚鈍麻や痛みが出現します
  • 手を挙げる動作が特に難しくなります
治療

通常保存的治療のみ行い、手術は行われません。

保存的治療
リハビリテーションで肩周囲の筋力強化を行い、鎖骨を良好な位置に保てるようにします。
姿勢の改善も有効です。
消炎鎮痛薬も痛みの管理に有効です。
体重が多いようでしたら、減量も症状の改善に有効です。
仕事でのPCの配置などを検討必要があるかもしれません。

手術的治療
まれではありますが、保存的治療が無効だった場合、筋を分ける手術や第1肋骨の切除などの手術を行う事があります。

解剖

胸郭出口部とは鎖骨と第1肋骨の間、前斜角筋と中斜角筋に挟まれたスペースを指します。 その中には血管や神経が走っています。

原因

外傷や元々の素因、悪い姿勢、肥満などによる影響を受けて生じます。
筋力が弱く、鎖骨を正常な位置に保持できないと鎖骨が下前方へスライドして神経や血管を圧迫します。
その結果、痛みなどの症状が出現します。統計上、女性の方が罹患しやすいです。

コンディショニングについて

頸部、肩周りの筋肉にアプローチすることにより、頸~胸郭の位置・状態を改善し、症状を軽減することが可能です。斜角筋・鎖骨下筋・小胸筋、大胸筋などの緊張を和らげストレッチする必要があります。
また姿勢訓練で、立位や座位姿勢を改善することも有効な治療手段となります。
これは、神経や血管の圧迫ストレスを減らすことができるためです。
また、もし体重過多であれば、減量することもお薦めです。
そして、仕事の場所(作業姿勢)や、スポーツ等の活動を見直す必要もあります。