プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状
  • 腕を挙上若しくは曲げた時の痛み
  • 肩前面の圧痛
  • 時々、肩の引っ掛かり感や礫音
治療

保存的治療
まず安静にし、極力腕を使わないようにします。(特に腕を挙げる動作を行わない)
アイシングや消炎鎮痛薬を用いて炎症を沈静化します。
リハビリテーションにて可動域の改善や筋力強化を行います。
手を挙げる動作は徐々に再開します。腱周囲へのヒアルロン酸やステロイドの注射も有効です。

手術的治療
肩が不安定な為に腱を刺激して、症状が出現している場合には関節鏡での手術を行います。

解剖

上腕二頭筋は上腕の前面に位置し、上腕骨頭の安定に寄与しています。
同時に、投球動作などの時に加速、減速に働きます。
腱はコードのような形状をしていて、上腕二頭筋の両端で骨についています。
上側では関節の2ヶ所とつながり、下側では橈骨につながっています。

原因

腕を挙げた状態で繰り返し動作を行うと、上腕二頭筋腱を損傷する事が多く、炎症を起こしていなくても、使い過ぎ、加齢、負荷などで症状が増悪する事があります。

コンディショニングについて

初期は、肩や腕(患部)を安静にする。
二頭筋腱炎は投げ方やフォームなどに影響されることが多いため、身体の使い方を分析し改善する必要があります。また腱板など痛めた後など二次的に生じることもあるので、初めに生じた疾患の影響を考慮する必要があります。