プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状

以下のような頚部の痛みが出現した場合には早めに整形外科を受診することをお勧めします。

  • 継続する痛み
  • 強い痛み
  • 腕や脚に放散する痛みを伴った頚部痛
  • 頭痛、しびれ、筋力低下を伴った頚部痛

症状は数ヶ月以上継続します。

治療

安静、内服、固定、リハビリテーション、運動、鍼などによって治ることが大半です。
症状が出現してすぐの場合には、安静、内服、固定、鍼などにて頚部の炎症を沈静化させることが必要です。
症状が継続的になり、慢性的な痛みになった場合、リハビリテーション、運動が必須になります。

解剖

頚部は頭をささえる部分で、椎骨・靭帯・筋・脊髄・神経など色々な器官が含まれています。
椎骨に沿って靭帯が走行し、安定化しています。
頚部の動く範囲は大きい反面、負荷に弱いため、様々な損傷や障害を生じやすくなってしまっています。

原因

様々な理由で頚部の痛みが出現しますが、多くは筋・靭帯・神経などの軟部組織由来の痛みです。
軟部組織が損傷および障害されることで痛みが出現する場合が多いですが、稀なケースとして感染症、腫瘍などが原因となることがあります。
頚部の症状は背部や肩、腕にまで拡大することがあります。

  • 炎症疾患:リウマチを含めた様々な炎症性疾患で痛みが出現します。
  • 椎間板障害:特に40歳以上の方では、椎間板が変性し痛みの原因になることがあります。
  • 事故:交通事故などで頚部に負荷がかかった時に痛みが生じます。
コンディショニングについて

動きに伴った頸部痛であれば筋肉の緊張や関節の可動性を改善していきます。
多くの場合、症状を起こしている頸部の一部分にのみ、負担がかかっているので、姿勢や身体の使い方を工夫し、負担を減らします。
理学療法士と相談をし、状態に合わせたコンディショニングをすると良いでしょう。