プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状
  • 脛骨の内側に沿った痛み、圧痛
治療
  • 保存的治療
  • 運動の制限
  • リハビリテーション
  • 消炎鎮痛薬
  • 痛みが何度も繰り返す場合には、運動の内容、方法を検討します。

解剖

下腿には2本の骨があり、外側の細い骨が腓骨、内側の太い骨が脛骨と呼ばれています。

原因

繰り返しの運動の結果、筋肉、腱、骨膜などに炎症が起きて生じます。
扁平足のある人、ランナー、ダンサー、トレーニングを急に増やした時などに発症する事が多いです。

コンディショニングとインソールについて

足指・足部の筋肉に負担がかかりすぎて、痛みが出現します。
適宜アイシング等処置と運動量を制限します。
その間フォーム等のチェック及び改善をしていきます。
体幹・股関節の可動性や周囲筋の働きをチェックし修正していきます。
可能であればインソールやテーピングにて運動修正を行います。
その上で低負荷の運動から徐々に運動量を上げていきます。
不適切な練習は症状を長引かせてしまうので焦らず慎重に行うことを推奨致します。