プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状
  • 膝蓋骨周囲の鈍痛
  • 階段昇降、躑踞、立膝、正座などの際の痛み
治療

保存的治療

  • R.I.C.E(安静、アイシング、圧迫、挙上)
  • 消炎鎮痛薬

手術的治療

  • 関節鏡
  • 膝蓋骨のアライメント矯正
解剖

膝の前面には膝蓋骨があり、膝蓋骨は大腿骨と関節を形成しています。
膝蓋骨には大腿四頭筋、膝蓋腱が付着しています。
周囲に腸脛靭帯など様々な筋、腱、靭帯が存在します。
ランナー膝とは膝の前面に生じる様々な状態に対して使用される病名です。

原因

ランナー、ジャンプ動作の多いスポーツ、スキーヤー、自転車競技など、膝に負荷があるスポーツをしている方の多く認められます。

  • 膝蓋大腿関節の問題(膝蓋骨の不安定性や動きの悪さ)
  • 外傷
  • オーバーユース
  • 大腿部の過緊張や柔軟性の低下、筋力低下
  • 扁平足
  • 足部の不安定性及び硬さ

などでも症状が出現します。

コンディショニングとインソールについて

まずは炎症を抑え、痛みを軽減させます。その上で大腿四頭筋などの柔軟性の獲得や膝周囲筋の働きを調整し、臀部や体幹筋の作用を高めランニングによる着地時の衝撃力を分散する様にコンディショニングを行い、更にフォームの修正やインソールによる調整により効率の良い走りを獲得することを推奨致します。