プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

舟状骨骨折に特徴的な症状は少なく、手首を捻挫した時と同様の痛みの場合が多いです。
手をついてしまった後、数日たっても親指の付け根辺りの痛みと腫脹が引かない場合は舟状骨骨折の可能性があるので病院にて受診しましょう。
親指を動かすことや、物を握った際に強い痛みが出現する事もあります。
痛みの程度が軽い事もあり、捻挫と間違えられる事もしばしばです。
橈骨(手首の骨)の骨折に合併することがあります。

治療

保存的治療
骨折している部分によって方針が変わります。
骨折部が中央より親指側にある場合、血流が良いので、ギプスなどでの固定をして数週間で治る事が多いです。
ギプス固定は肘より下の固定を行う事が多いです。
骨折部が中央よりも手首よりの場合、血流が悪い為に、骨折が癒合しない事があります。

手術的治療
手首に近い部分で骨折した場合、手術を行う事が多いです。
手術は骨折部をスクリューやワイヤーで固定をする手術を行い、手術後は通常ギプス固定となります。
手術をしても、この部分の骨折は治るまでに時間がかかる事多く、時には骨癒合しない事や骨壊死を起こすことがあります。
そのような場合には、骨移植などの手術が必要となることもあります。

解剖

舟状骨は手関節の親指側にあり、手関節が曲がる場所に位置しています。
ヒッチハイクをする時のように親指を立てた際、親指の付け根にできる窪みの奥に舟状骨はあります。

原因

手を開いた状態で手のひらをついて転倒した際に受傷する事が多いです。
同様の機序で橈骨が骨折する事がありますが、手の位置によって受傷する部分が変化します。
小児から高齢者まで受傷する可能性があり、スポーツなどで受傷する事が多い外傷です。
特に20~30歳代に多く見られます。手首のプロテクターを用いる事で、受傷率を下げられるという報告もあります。

コンディショニング

保存療法、手術療法後は前腕の筋肉のストレッチを十分に行い、さらに手の手内筋(内側や深部にある筋肉)を鍛え、手首の柔軟性の確保と握力や手先の力の獲得が必要です。