プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

足全体

足関節インピンジメント症候群

効果的な治療法
トータルコンディショニング(身体の痛みを取りたい方へのコンディショニング)
トータルコンディショニング(姿勢を正しくしたい方へのコンディショニング)
トータルコンディショニング(手術・怪我の前の身体を取り戻したい方へのコンディショニング)
スポーツコンディショニング
コンフォータブルインソール

症状

足首を動かした時に痛みを感じたり、足首が動かしにくくなります。

治療

長期間に症状が続いている場合には手術で原因を取り除きます。
近年では関節鏡を使った治療が主流になってきました。
足首の不安定性が関係している時には、リハビリテーションで足関節を強化する訓練を行う必要があります。

種類

大きく分けて骨が挟まる場合と軟部組織(滑膜など)が挟まる場合に分かれます。
骨が挟まりこむタイプのものでは、衝突性外骨種とよばれる足関節前方できた 骨の突起(骨棘)が挟まるものや足関節の後ろにある三角骨が挟まりこむもの などがあります。
軟部組織が挟まりこむタイプでは捻挫の後の靭帯などが足首の前外側に挟まりこむものやintermalleolar ligamentと呼ばれる靭帯が刺激を受けて足首の後ろ側で症状をだすものなどがあります。

原因

足関節(足首)の動きに合わせて骨や軟部組織などが刺激を受けることで痛みや動きにくさが起きます。
靭帯損傷などで足首が不安定な状態になっていることで インピンジメントが起きやすくなります。
サッカー選手、バレエダンサーなど足首を下に下げることの多い人では、後ろ側のインピンジメントが起こることが多いです。

コンディショニング・インソール

足関節・足部の可動性や不安定性をチェックしたうえで、適切な状態に整え、補強していくことが大切です。
また、足部のみでなく体幹や下肢の支持性を高めるよう臀部、腹部の筋群の働きを促していくことも推奨されます。