プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状

MP関節が伸展(上に曲がる)し、PIP関節、DIP関節が屈曲(下に曲がる)した状態になります。
足趾に胼胝ができます。

治療

保存的治療
初期の内は関節が硬くなっていないので、

  • 軟らかく、サイズの大きい靴を履く
  • ハイヒールの靴を履かない
  • 足趾のストレッチを行う
  • 趾の運動をする

ことで症状が改善する可能性があります。
長い経過の場合、元に戻す事が難しい為

  • 足部への負荷を減らす為のパットを使用する
  • 靴を調整する

などが必要になります。

手術的治療
保存的治療が効果なく、生活に支障が出る場合、手術で正常な位置に戻します。

解剖

足趾には第1趾を除き、関節があります。
趾先に近い関節をDIP関節、根元に近い関節をPIP関節と呼びます。
趾の付け根の関節をMP関節と呼びます。

原因

小さい靴やハイヒールの靴を履いていて、足趾が圧迫されることで生じます。
時には神経損傷の結果生じる事もあります。
鉤爪趾の状態を継続すると、その状態のままになってしまう事があります。

コンディショニング・インソール

足趾の可動性や筋力を調整し、バランスの良い接地や蹴りだしが行えるようコンディショニングを行います。
またインソールによりバランスの良い歩行を促していくことも推奨されます。