プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状
  • 足首の後側に痛みが徐々に出現し、その後強い痛みになります
  • 足首が動かし難い感じがします
  • ランニングをした後、腱にそった痛みを感じる事があります
  • 踵から少し上の部分に、朝痛みを感じる事があります
  • ストレッチをする事で、ふくらはぎの硬さが軽減します
  • 腫脹を認めます
治療

保存的治療

  • 安静(運動やランニングを1週間控えるか、水泳などに切り替える)
  • 湿布、消炎鎮痛薬
  • アイシング
  • インソール
  • テーピングなど固定
  • ストレッチ、マッサージ、超音波治療
  • リハビリテーション

手術的治療
アキレス腱周囲に線維性の組織が多い、動きに悪影響を及ぼしてしまう時には手術的に取り除きます。

解剖

アキレス腱はふくらはぎ(腓腹筋とヒラメ筋)から踵の骨につながる腱で、靭帯の中でもっとも大きな腱です。
450kgの負荷にも耐えられると言われていますが、もっとも断裂する事の多い腱でもあります。

原因
  • ランニングの距離やスピードを急激に増やした場合。
  • 坂を走ったり、階段を上るトレーニングを加えた時。
  • 急に運動をした時。
  • ふくらはぎの筋肉を急激に使った時。
  • 疲労が溜まり、ふくらはぎの柔軟性が落ちてしまった時。

などに断裂を起こすことが多いといわれています。

コンディショニングについて

まず、痛みを引き起こす活動を制限します。
適宜湿布、消炎鎮痛剤、アイシングを行います。
痛みが軽減し運動を再開する場合、十分なウォーミングアップを行います。
特にヒラメ筋、腓腹筋を十分にストレッチしアキレス腱の負担を軽減します。
足部や足関節周辺の可動性、柔軟性、安定性を整えます 腸腰筋や大腿四頭筋のストレッチや殿筋、ハムストリングスの強化も行います。
体の重心が前後に偏っている場合があるので、走行時の重心を調整します。
走行時などの安定性や蹴り出しをスムースにするためインソール作製を推奨致します。
それでも痛みが引かない場合、身体の使い方の影響が考えられるので、理学療法士に相談してください。