プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

症状
  • 第1趾の付け根、底側に痛みが出現します
  • 腫脹が認められることもあります
  • 第1趾を曲げる際、曲げにくく、痛みが出たりします
治療

保存的治療

  • 痛みの元となる活動を制限します
  • 湿布や消炎鎮痛薬
  • 局所安静とアイシング
  • 競技によりパットやテーピングにて保護、修正する
  • インソール
  • 痛みが強い場合はステロイドの注射を行います

手術的治療
通常手術は必要ありませんが保存的治療で直らない場合、手術で種子骨を取り除くことがあります。

解剖

身体の中には他の骨と連結していない骨がいくつかあります。
それらは靭帯や筋肉の中に存在していて、種子骨と呼ばれています。
膝蓋骨はもっとも大きな種子骨です。
足の親指(第1趾)の底側に2個種子骨があり、腱がスムースに動くように働き、滑車のように働きます。
第1趾にある種子骨は体重を受ける働きや第1趾の骨を持ち上げる働きもあります。

原因

種子骨を骨折したり、周囲の腱で炎症が起きた状態を種子骨障害と呼びます。
バレエダンサーやランナー、野球のキャッチャーなどでよく見られます。

コンディショニングについて
  • 痛みの原因となる活動を制限する。
  • 母趾球への荷重を制限する。
  • 局所安静とアイシングを足底部に実施する。
  • 蹴り返し時負担とならないシューズ選択。
  • 競技によりパットやテープにより保護・修正を行う。
  • サイズ・タイプの合った靴の選択とインソール作製。
  • シューズ、スパイクなど適切なものを選択する。
  • 臀部筋・体幹筋による体を支える力を強化し母趾球の負担を減らす