プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

疾患ライブラリー

足全体

後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)

効果的な治療法
トータルコンディショニング(身体の痛みを取りたい方へのコンディショニング)
トータルコンディショニング(姿勢を正しくしたい方へのコンディショニング)
トータルコンディショニング(手術・怪我の前の身体を取り戻したい方へのコンディショニング)
スポーツコンディショニング
コンフォータブルインソール

症状
  • 足関節の内側に痛みと腫脹があります。
  • 土踏まずが平らになり、扁平足になります。
  • 徐々に足首や足の外側にも痛みが出現します。
  • 筋力の低下と爪先立ちをした際の不安定感を感じます。
  • 足の裏、中央部に圧痛が出現します。
  • 治療を行わないと痛みが強くなるとともに、足関節の動きが制限されるようになります。
治療

保存的治療
発症初期では安静、消炎鎮痛薬。
固定終了後は一般的にヒールウェッジやアーチサポートと呼ばれる足底装具を使用します。
保存的治療が無効だった場合、手術が必要になります。

手術的治療
滑膜切除術、骨切術、腱移行術、関節固定術などが行われます。

解剖

後脛骨筋腱は下腿の腱の中で最も重要なものの一つで、ふくらはぎから足首の内側を通り、足の骨の中央部につながっています。
後脛骨筋腱は土踏まずの形状を保ち、歩行時につま先で地面を蹴る動作の際に働きます。

原因

後脛骨筋腱が炎症を起こしたり、引き伸ばされたり、断裂する事で症状が出現します。

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 外傷(足首内側の骨折など)
  • ステロイドの局所注射
  • リウマチなので炎症性疾患

がリスク要素と言われています。

コンディショニング・インソール

偏平足は、治療をしなければ後脛骨筋の機能不全が酷くなりやすくなります。
徐々に、後足部の関節炎も発達し、足首外側の痛みは増え、広がってきます。そして歩く時は、痛みのため、靴を履くことも難しくなってきます。
早い段階では、後脛骨機能不全は一時的に運動量を制限することで改善していきます。
足部・足指機能を向上されるアプローチが有効であり、さらに機能的なインソールを使用することにより、足の機能を助けることができます。