プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

症状

リトルリーグ肘では肘の内側、離断性骨軟骨炎では肘の外側に痛みを感じます。
以下の症状が現れた際には、投球を中止する必要があります。

  • 肘の痛み
  • 肘の可動域制限
  • 肘のロッキング(引っ掛かり)
治療

治療を行わない場合、永続的に障害が残る可能性があります。 小さな子供では、極力保存的治療を行う事が望まれます。

  • 安静
  • アイシング
  • 安静にしても痛みが数日続く場合、または投球を再開した際に痛みを感じた場合、再度安静にして治療を開始
  • 投球フォームの修正

手術は時に必要となります(特に12歳以上の女児、14歳以上の男児の場合)

解剖

肘は上腕骨と橈骨、尺骨とを連結する部分で、蝶番動作と回旋動作をする関節です。

原因

肘がまだ不完全な小児が投球動作を行った際、肘の腱、靭帯が強力に牽引される事によって生じます。
繰り返される牽引力のため靭帯と腱が損傷し、骨から剥離します。
同様にして小さな骨片が生じ、その結果、正常な肘の成長を妨げる事があります。(リトルリーグ肘)
投球動作を連続することで、離断性骨軟骨炎を起こすこともあります。
投球動作に伴い、未熟な骨に強い衝撃が加わることで、骨および軟骨の消失または離断が認められます。(離断性骨軟骨炎) 1週間に200球に制限する事が推奨されています。
この投球数は練習も含めての投球数です。損傷しない為には1試合3~4イニングに制限する事が勧められます。

コンディショニングについて

治療せずに放っておくと、肘の投球障害は、酷くなっていきやすい。 そのために、

  • 安静・炎症を抑えるためのアイシング
  • もし数日間安静にしても痛みが繰り返すようであれば、または、投球を再開した際に、痛みが再発するようであれば、一旦活動を停止する。
  • 投球方法を見直す(フォームの改善)

肘の問題だけではなく、投球時の全身の問題であることが多といえます。
これを助けるためには、コンディショニングが有効となります。
ストレッチや可動域訓練・体幹や肩甲帯や下肢といった筋力増強等、理学療法士と相談して、プログラムを決める必要があります。
コンディショニングで、基本的な回復を助けることができますが、まれに痛みが引かない場合など、手術が必要となる場合があります。