プライマリメディカルサポート ウーマン

株式会社 KINETIC ACT

完全予約制
TEL:03-5797-7536

営業時間
月・火・水・木 9:00~21:00
金 9:00~18:00 / 日 9:00~14:00
休業日:土曜日

サービスメニュー・ご利用料金

カラダが本来もっている自然治癒能力を最大限に発揮させ、治癒および美容効果を高める

鍼灸・マッサージ

東洋医学とは、中国を起源とし、日本に伝わり独自に発展をとげた伝統医学の総称です。
日本で行われている治療法には鍼、灸、あんま、マッサージ、指圧、漢方薬などがありこれらをまとめて東洋医学とよんでいます。

メニューの特徴

東洋医学では人間は自然界の一個体であるととらえ自然との調和を大切にしています。
また、個人を大切にし、ひとりひとりに合わせた治療を行います。
自然環境や生活環境、心の持ち方など常に変化し続ける個人の背景を大切にし、脈や舌、腹部の状態なども確認し、全身をみてその時の状態に合わせた治療を行います。
人間の心身が.持っている自然治癒力を高めることで治癒に導き、これからなる病を予防することもできます。

担当

鍼灸マッサージ師

料金

一般鍼
(General conditioning)
60分:10,000円
30分:5,000円
マッサージ 60分:10,000円
30分:5,000円

対象となる症状や目的

頭・目・顔の症状
  • 頭痛
  • 片頭痛
  • 疲れ目
  • 仮性近視
  • 蓄膿症
  • 咽頭炎
  • 顔のむくみ
  • 肌荒れ
頸・肩・腕・背中の疲れ
  • 頸のコリ
  • 五十肩
  • 寝違え
  • 肩コリ
  • 背中のハリ
  • 腕のだるさ
  • 肘痛
  • 腱鞘炎
足・腰の疲れ
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 膝関節症
  • 膝の痛み
  • 足のむくみ
  • こむら返り
  • 足のしびれ
  • 足の疲れ
  • 打撲
  • 捻挫
内臓の疲れ
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 胃酸過多症
  • 高血圧症
  • 低血圧症
  • 下痢
  • 便秘
  • 口内炎
婦人科系の症状
  • 生理痛
  • 冷え性
  • 貧血
  • 月経困難
  • つわり
  • 不妊
  • 更年期症状
ココロの疲れ
  • イライラ
  • めまい
  • 不眠
  • 動悸
  • ノイローゼ
美容
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • 小顔

治療方法

鍼・灸を使いツボを刺激することにより「気」・「血」の流れを整え、人間の本来持つ「自然治癒力」を高めていきます。

効果
  • 痛み

      (1) ブロック作用

      • 中枢からの抑制:鍼は体表にある感細い感覚神経を刺激し、中枢神経内に内因性オピオイド(天然のモルヒネのような物資)を放出させ、痛みを抑制する機構の働きを高め、脊髄レベルで痛みを伝える神経の興奮をブロックします。
      • 脊髄からの抑制:体表にある太い感覚神経も刺激し、脊髄で痛みを反射的にブロックする機構を作動させます(痛い部位をさすると痛みが和らぐのと同じことです)。

      (2) 血流の改善:筋肉の深さまで鍼を刺すと、神経刺激を介して血行を改善させ、痛みの原因となっている発痛物質の除去を促します。

  • 内臓機能の調整
    自律神経が支配する胃、腸、膀胱などの内臓や血圧などに対しても、中枢神経系や脊髄を介して反射性に機能を調整する作用があります。
  • 免疫系や内分泌系(ホルモン)の活性
    侵入した異物や体内に発生した異物を処理し、敵から体を守る細胞の活性を促します。

このように鍼は刺激により、筋肉を緩め、血流の循環、内臓調整佐用があります。症状に応じて、患部に血液を集める、健部を刺激して患部から血液を逃がす、他の部位を刺激して内臓や免疫・ホルモン分泌を調整します。

カラダの末梢から中心(心臓)に向かって、皮膚を直接刺激します。

効果

主に循環系を対象に血液やリンパの流れをよくします。運動時前後には、筋の緊張を和らげ、血行を促進させ老廃物の蓄積を防ぎます。またマッサージによる適度な刺激により、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う効果があります。

衣服の上から指や手のひら等を用いて、体表面の一定部位を押します。

効果

身体の変調(骨格・神経・内分泌)を調整し、健康(内臓の働き)の維持促進を図ります。

ツボとは

“経穴”呼ばれ、経絡の要所にあります。全身に約400存在し、その多くは関節・筋肉・神経・血管上にあります。このツボは疾病の際に何らかの反応を表す点であり、指圧や鍼で刺激し気血の流れを調整し、症状を緩和させます。

経絡とは

全身を上下に流れる縦の幹線である“経脈”と経脈の分枝である“絡脈”の総称であり、人体には12本の流れがあります。
“気血”というエネルギーや栄養分が流れる通り道で、内臓諸器官(五臓六腑)と通じており、カラダの各組織に運ぶ働きを担っています。気のスムーズな流れは血液の流れをスムーズにし、体調を整え、自然治癒力を高めてくと考えられています。